2012年02月13日

聖徳太子は実在したのか?〜続き〜

金曜日の続きです・・・。あせあせ(飛び散る汗)
聖徳太子 [DVD] / 本木雅弘, ソル・ギョング, 中谷美紀, 柄本明, 近藤正臣 (出演)
聖徳太子 [DVD] / 本木雅弘, ソル・ギョング, 中谷美紀, 柄本明, 近藤正臣 (出演)
なぜ蘇我氏は排除されなければならなかったのでしょうか?

日本書紀「皇極紀」には、
「蘇我氏は甘樫丘に大邸宅を築き、「宮門」(王の住まい)と呼んだ。蘇我入鹿は野望を抱き、自ら天皇になろうとした。」・・・逆賊であると、記されています。

しかし、これにも疑問符が付くのです。

2007年、甘樫丘の発掘調査で、邸宅跡が発見されました。そこにあったのは、わずか10坪の部屋ばかりでした。大邸宅ではなかったのです。
この、皇極紀の記載も、加筆されたかのように、文章のくせが違うのです。

加筆で脚光を浴びたのは、天皇を頂点とするために行った乙巳の変の主導者、中大兄皇子と中臣鎌足です。この二人が行ったクーデターが、正義のクーデターであるためには、蘇我本宗家、特に入鹿が極悪非道でなければならなかったのです。

これと同じ加筆者が、厩戸皇子についても加筆している可能性があるのです。

587年「崇峻紀」より・・・
「味方の軍勢が、今にも破れそうになると、厩戸皇子は仏教の守護神、四天王に祈願し、勝利を呼び込んだ。」=聖徳太子を奇跡の英雄として持ち上げたのです。

「日本書紀」の最終段階で、聖人君子として特別な人間として描こうとしたきらいがあるのです。


それが、万能の英雄の誕生でした。

大化の改新の目標、正当性を集合代名詞である「聖徳太子」に託したのかもしれません。

中国の司馬遷の「史記」に代表されるのは、物語として読ませるために、作り話が入っているということ。
記述には・・・
帝紀・・・皇帝に関する出来事を年ごとに記述
列伝・・・個々の人物の一生を記述したもの
この2つがあって、これが合わさって歴史書となっています。

でも、なぜ中大兄皇子と中臣鎌足が英雄ではないのでしょう?

聖徳太子の制度は、1世紀後に律令制として国家ができたことによって完成されました。
つまり、聖徳太子の業績は、100年後に花開いたのです。

厩戸皇子は、権力争いから身を引いたにもかかわらず、子孫は蘇我氏によって滅ぼされています。
厩戸皇子は、日本史の悲劇のヒーローの先駆者でした。

居たという証明は、今となっては難しいですが、その信仰は、まぎれもなく今現在も残っています。
聖徳太子は、良い国をつくろうという日本人の象徴として生きてきたのかもしれません。

その力は、日本史にとって絶大です。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 13:15| Comment(0) | BS歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5回「海賊討伐」

第5回「海賊討伐」です。

いい感じでそれぞれのキャラの立ち位置が決まってきましたね。るんるん

忠盛に平五郎が誕生しました。喜びに包まれる平氏一門。でも、相変わらず清盛は、反抗期の子供のようですあせあせ(飛び散る汗)。年齢的にも妥当か・・・。揺れるハート
が、都は飢饉が原因で都には盗賊がはびこり、ますます物騒になっています。あせあせ(飛び散る汗)

いつもながら、何もせずに、歌を詠んで、まりをけっている公家たちは、何もかも武士に丸投げです。バッド(下向き矢印)たらーっ(汗)


清盛と義朝は、まさに犬猿の仲、でもそれが微笑ましいのは私がおばさんだからでしょうか?

佐藤義清も絵にかいたような、いい感じの好青年ですが、これがどう化けるのか、楽しみです。黒ハート

その3人の考え方には笑っちゃいました。
義朝は武士の力を示す好機ととらえ「強さを磨きたい」

義清は「美しく生きたい」、

清盛は「おもしろく生きたい」と。

ほんと、性格が出ていて面白いです。

で、困ったものが、鳥羽上皇、本当に大丈夫なのでしょうか?
「璋子、璋子。」とばかり言っていないで、早く何とかしてください!!
と思っていたら・・・。

宮中で最強の璋子のもとを訪れた藤原長実。国広富之さんとは思えませんでした。あせあせ(飛び散る汗)いろんな意味でびっくりです。あの富子が・・・揺れるハートが。娘の得子をつれてやってきます。

帝へ入内させてほしいと。。。松雪泰子さんさん、こんな顔もできるんだ!!というような、ぼーっとしたもとい、ほんわかした顔でしたが・・・。

最近のNHKは、ここまで書いていいんですね!!みたいな宮中です。あせあせ(飛び散る汗)

璋子は相変わらず「純真無垢」な酷い女ですし、鳥羽上皇は璋子を「もののけ」と呼んで激高していましたし、得子は次回予告では一物を腹に持った・・・みたいな顔に変化していました。
俳優さんはすごいです。揺れるハート

安芸で海賊討伐の会議をしているときに出てきた伊藤忠清、藤本隆宏さんですが、「坂の上の雲」の海軍中佐広瀬武夫です。声がとっても素敵だなあ・・・。と、思っていたのですが、オリンピック・競泳の選手だったのですね。いい体してるなあ黒ハートって、思っていたんです。広瀬さん、良い声ですよね。黒ハートおい、広瀬かい!!でしたね。


安芸の海に到着し、討伐に出発した忠盛・清盛たちを待ち受けていたのは、巨大な海賊船でした。

自然な疑問です。
バランス的にひっくりかえらないの?

それぐらい大きいですよね。

次回がとっても楽しみです。黒ハート

平清盛の闘い  幻の中世国家 (角川ソフィア文庫) [文庫] / 元木 泰雄 (著); 角川学芸出版 (刊)
平清盛の闘い 幻の中世国家 (角川ソフィア文庫) [文庫] / 元木 泰雄 (著); 角川学...

↓ランキングに参加しています
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 12:17| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。