2012年02月08日

豊臣秀次〜秀吉に捨てられた後継者〜

今回のTHEナンバー2は、豊臣秀次です。

《大阪城天守閣所蔵》 童門冬二が読み説く十二人の戦国武将の書状と物語 第二巻 流転の章 豊臣秀吉/豊臣秀次  SBDV-0002 [DVD] / 童門冬二 (出演)
《大阪城天守閣所蔵》 童門冬二が読み説く十二人の戦国武将の書状と物語 第二巻 流転の章 豊臣秀...

秀吉によって後継者とされながら、死へと追いやられた人物です。

京都・三条河原に立つ瑞泉寺に、関白になりながら汚名を着せられて切腹した男、豊臣秀次が眠っています。

豊臣方の書物には、悪逆非道な摂政じゃなくて、殺生関白として書かれています。

その首塚も、「悪逆塚」とされていました。

武功夜話によると、
「殺生関白として汚名、天下に、後の世に伝う」とあります。
後世では、殺生関白で、女好きとされている秀次、これは、秀吉の腹心があげつらったものです。

しかし、近年の研究によって、それは捏造であることが解りました。追い落とした秀吉が、大げさに書かせた悪人像だったのです。

かつて治めた、滋賀県近江八幡市では、町おこしの英雄とされ、地元有志によって結成された「秀次倶楽部」なるものがあり、愛されています。


秀次は、No,2になるべくして生まれてきました。
生まれたのは、1578年、秀吉の姉「とも」と、「やすけ」の子でした。この年、信長は上洛し、秀吉は京都奉行に抜擢された年でした。

この秀次、子供のいなかった秀吉が政略の道具として使います。

2歳の時に、浅井家の重心・宮部継潤を寝返らせるために養子に・・・2回目は阿波に勢力を誇っていた三好康長に・・・。将棋の駒のように生きてきました。

自らの存在を主張したのが16歳の時。
1584年小牧・長久手の戦いでした。池田恒興が三河への奇襲攻撃を提案します。乗り気でない秀吉に、

「それがしが、大将として参ります。奇襲の件、是非ともお許しくださりませ。」と願い出ます。

が、これが失敗し、裏目に。。。見るも無残な大敗北でした。
この結果、秀吉は家康と講和せざるを得なくなります。

秀吉が、秀次に宛てた手紙には・・・。
「秀吉の甥であることを鼻にかけ、傲慢な振る舞いが目立つ。ただ今のように、無分別で、うつけであるならば、人に恥であるからお前を斬らなければならない。」

と、書かれています。
少ない身内なので、他人の目もあることだし、叱責することで、やる気を引き出させたかった、愛情の裏返しでした。

後のない秀次、
1585年根来・雑賀衆攻略。
    四国・長宗我部氏攻略。
豊臣家の勝利に大きく貢献します。

これを機に、秀吉は関白に就任、天下取りに大手をかけます。
本当は、将軍になりたかった秀吉、しかし、将軍になれるのは源平藤橘の四氏のみ・・・。
そこで、秀吉は、近衛前久の猶子となって、関白に就任したのでした。この関白とは、天皇に次ぐ地位で、摂関家の一員となったのです。

当時の公家は貧乏で、沢山の賄賂を使って養子にしてもらったのです。


秀次は、武勲を認められ、近江八幡市 43万石の八幡山城主となります。18歳の時でした。

この近江八幡で才能が開花、政治家としての手腕が発揮されることになります。

安土のような商業都市として発展するように・・・。
綿密な都市計画を立てます。
町を碁盤の目のようにします。これは、豪胆な平和宣言です。というのも、戦国時代は城までの道は、攻めにくいようにカギ状になっていたり、蛇行していたりしていたからです。

人々を職業別に住まわせ、安土の商人を積極的に誘致します。

琵琶湖と小海八幡を繋ぐ運河、八幡掘を開発。琵琶湖を通る商業船は、必ず近江八幡を通るように条例を作りました。これは、信長の影響が強く、楽市楽座や、平和になった時の城下町作りと言えるでしょう。
これが、近江商人の発展を促します。

背割水路を作り、人々の上水道・下水道として活用。これは、当時としては例がなく、画期的なことでした。
近隣の村人の水争いを調停
町人の納税を免除
労働奉仕の義務を廃止

など、町人の働きやすい、暮らしやすい町として発展しました。

1589年北条・小田原攻めに参加、敵の前線を叩きます。
秀吉の天下統一の実現でした。

1591年秀吉長男鶴松が2歳で病死。
秀吉は、秀次を養子として跡取りにします。この時は、本気で後継者として指名したのです。

秀吉は55歳で大公となり、秀次は24歳で関白となりました。
しかし、実際は、秀吉の傀儡政権・・・。

この、正式な後継者に任命されたことが、秀次の人生を一変させるのです。
小田原攻めで弟・秀長を失った秀吉、後継者の秀次は、世間的にも遜色ないほどに育っていました。

若くして関白となってしまった秀次。秀吉から聚楽第と黄金1万両を引き継ぎます。
古典文学や芸能に精通していた秀次は、朝廷との関係を円滑化、連歌の会や茶会を開きます。
後陽成天皇には、六国史を献上して、朝廷との関係が深まります。

それは、武官ではない文官としての天性の素質でした。
他にも、五山文学の復活、勉強をする僧侶への援助など、本来の関白として文化人や教養人を重視します。

が、秀吉にとっては・・・。朝廷とつるまれるのは困る・・・。と、だんだんと距離が開いていきます。

1592年朝鮮・明国の侵略に乗り出す秀吉。秀次は、そのことに批判的だったが、表には出しませんでした。

1593年秀頼が誕生。
秀吉は、秀次を関白に任命したことを後悔します。「自分の血を分けた子に・・・。」

はじめは秀次をたてて、秀頼と秀次の娘との婚約話を持ってきました。次は、日本の4/5は秀次が、残りの1を秀頼が治めるという提案をし、懐柔しようとします。

もちろん、「ノー」はないと思っていました。
が、秀次は態度を保留。「関白の任命権は天皇=秀吉では取り上げられない」

苛立つ秀吉。

しかし、思いもよらない事態が起こります。

1595年7月3日  石田三成が秀次の元を訪ねます。
「御謀反の子細御せんたくしたき・・・」
秀次は、身の潔白を訴えるも晴らせず・・・。
これは、関白から引きずりおろす口実だったとされていますが、三成が本気で疑っていた可能性もあります。

それは、秀次は、朝鮮出兵で財政難となっていた毛利輝元・細川忠興の借金の願いを受けたので、聚楽第の金蔵から諸侯に金を貸し付けていました。これが、秀吉の猜疑心に火を付けたのです。
「何か、企んでいるのでは?」

当時の秀吉は、猜疑心の塊でした。それは、朝鮮出兵には反対する武将もたくさんいたのです。その急先鋒が、徳川家康。家康は、北条を抑えるという大義名分のもと、一人も兵を出していません。そして、この武将たちも、平和志向の人が増えてきていたのです。


7月8日釈明させるため、伏見城に呼び出すも、会わずに石田三成から「豊臣家からの追放」を伝えられます。領地、聚楽第、官位の剥奪・・・。

高野山に出家させるも、
7月15日切腹を命じます。
高野山の僧侶は怒り、抗議を検討します。当時は、仏門に入ることで俗世から切り離されます。仏門に入った限りは、切腹を命じられることなどなかったのです。

しかし秀次は、切腹を受け入れました。自分の身の潔白のために。

「月花を 心のままに 見つくしぬ
       何か浮世に  思い残さむ」

切腹は、武士の名誉の死、切腹をすると家族の命は守られるというのが通例でした。
しかし、正室、側室、5人の子供を含む39人が三条河原で処刑されました。
血筋はすべて断つ!!

ここまで、10日、秀次を陥れるための先頭は三成でしたが。。。必要以上に追いやります。

巷では、秀頼は、大野治長の子とか、三成の子とか・・・。
あれよあれよと秀次は切腹へ、とことん残虐に、陰惨に、根絶やしにされてしまいました。

秀吉の異常な憎しみを感じさせる蛮行です。これで、秀吉の血を引くのは秀頼のみとなりました。秀頼かわいさのあまり、血筋を弱めてしまいました。

秀次を殺してしまった時点で、豊臣家滅亡のシナリオは始まっていたのです。


もしかすると、秀次が尊敬していたのは秀吉ではなく、信長ではなかったでしょうか?

平和な都市づくり、日本国の経営、安土城には楽市楽座、学校、セミナリオ、病院が整っていました。
日本国民のための日本国。

もし、秀次が生きていたら、関ヶ原はなかったのかもしれません。

勝者の歴史によって、秀次は数々の汚名を着せられ、貶められます。

しかし、
1611年豪商・角倉了以が、一族を弔うために瑞泉寺を建立。秀次の母日秀が弔いのために瑞龍時を創建、現在は近江八幡に移築されています。

秀吉は、次世代のNo,1を自らの手で葬ってしまったのかもしれません。
かく戦い、かく死す 新編 武将小説集 (集英社文庫) [文庫] / 柴田 錬三郎 (著); 集英社 (刊)
かく戦い、かく死す 新編 武将小説集 (集英社文庫) [文庫] / 柴田 錬三郎 (著); 集...



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


歴史 ブログランキングへ
posted by ちゃーちゃん at 17:45| Comment(2) | THE ナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。