2012年01月06日

平清盛 厳島への夢

いよいよ今週から、大河ドラマ「平清盛」始まりますね。主役は、私も好きな松山ケンイチさんです。

NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK) [ムック] / 産経新聞出版 (刊)
NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK) [ムック] / 産経新聞出版 (刊)

平清盛って?
おごれる平家・・・の如く、暴君のイメージですが、それを払拭、風雲児のようになるようです。


それに先駆けて、NHKでは、色々番組をやっていますが。。。

今回は、シリーズ平清盛第一回「厳島への夢」です。

今から800年前、平安時代に瀬戸内で活躍した平清盛。瀬戸内の海賊を掌握し、瀬戸内海の航路を開き、瀬戸内を舞台に国を造ろうとした人です。
巨大な会場神殿で、ウォーターフロントとなったそれは、日本三景にもなり、安芸の宮島と呼ばれる周囲30kmの島です。古来より、人々は、その島を横たわる観音様に見立てて崇めてきました。人々は厳島を神の島としていたのです。

それは、出迎える神の使い「鹿」にも象徴されています。

平安時代の終わり、清盛によって築かれた壮大な海上神殿。その建築美から1996年世界遺産に認定されました。神殿を繋ぐために幾重にも折れ曲がった回廊は全長262mにも及びます。神殿の中央には高舞台があり、舞が行われていました。平安の雅です。

現在本殿には、海の安全を祈り、三人の姫命が祀られています。

593年に創建された厳島、600年後に大増築したのが清盛でした。平安時代によく作られた寝殿造りを海上へ・・・。

そんな清盛は、武家一門の棟梁となって海賊退治で名を挙げます。29歳で安芸守に・・・。そこから始まった繋がりでした。

自然と建物が織り成す究極の美、建設は当時の最高のものでした。大鳥居は高さ16m、国内最大級で、今現在の大鳥居は8代目といわれています。

この大鳥居、どうやって立っているのでしょうか?それには6本の柱に秘密がありました。樹齢400年にも達する柱、その下には花崗岩が敷かれ、さらに地下深く3mにも及ぶ松の杭が100本も打たれています。この松の杭が、基盤となり傾くのを防いでいるのです。

また、屋根の下の部分にも秘密が・・・。中が空洞になっていて、お経の書かれた石が収められています。その重さ実に5t。この重みで大鳥居は自ら立っているのです。

どうしてこのように莫大な費用と時間を費やしたのでしょうか?

御島巡りという神事には、厳島の起源の物語が入っています。
1400年前、土地の領主が女神を祀る場所を探して船を出しました。カラスに導かれて・・・建てたのが厳島神社です。
平家物語絵巻にも、幾度となく参詣していると描かれています。「神を斎(いつ)き祀(まつ)る島」。

平清盛の時代、国の中心は京都、天皇が実権を握っていました。
宇治の平等院では、貴族が極楽浄土を願い、祭事を行っていた時代でした。

武家の棟梁として頭角を現した清盛は、強大な軍事力で武士の地位を築き、新しい国づくりをしようとしました。その大きな原動力は、宋との貿易でした。当時は博多に来ていた宗の船を、神戸にある大輪田泊に入るように大動脈を作りました。その瀬戸内海航路の中心にあったのが厳島でした。新しい時代を世界に誇示する重要な場所だったのです。

建築の視点からは?

木造社殿は、波のない瀬戸内以外には考えられないそうで・・・。厳島には535mの弥山があり、神社の背後にあるこの山は、波と風から守ってくれる、極めて安全な場所でした。

回廊の床下には、床板に、海から社殿を守る秘策がありました。それは、わずか2センチの隙間。
満潮時、潮が床板の隙間から上がってきます。そうすることによって、社殿が浮き上がらないようにしているのです。
それは、海に侵食されて紅のはげた部分が見えるのは興ざめだ・・・。ということから来る究極の美でした。自然にはできるだけ妥協をする。自然への耐久力でもありました。

こう見ると、わがままで暴君というイメージがつよい清盛ですが、思慮深い人であったことが窺えます。大工と相談しながら、緻密に、熟慮して造ったのでしょう。

そうして、京の貴族文化を凌駕する武士の文化を造り上げたのです。その結果、武士ではなり得なかった太政大臣にまで上り詰めます。厳島では沢山の舞楽が舞われ、奉納されました。

厳島は、平家の氏神から国を守る神になった瞬間でした。清盛は、1000人の僧と、1万本のたいまつによる史上最大の音と光の祭典・千僧供養なども行い、そこには一門だけでなく、多くの貴族が、都から遠く離れた厳島までやってきたといわれています。

ああ、壮大なスケールですね。大河ドラマ、どうなるのでしょうか?

平 清盛 一 [単行本(ソフトカバー)] / 藤本 有紀, 青木 邦子 (その他); NHK出版 (刊)
平 清盛 一 [単行本(ソフトカバー)] / 藤本 有紀, 青木 邦子 (その他); NHK出...
NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック / 吉松隆 (作曲); 舘野泉 (演奏); 藤岡幸夫, 井上道義 (指揮); NHK交響楽団, 東京フィルハーモニー交響楽団 (演奏) (CD - 2012)
NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック / 吉松隆 (作曲); 舘野泉 (演奏); 藤岡幸...

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 12:49| Comment(0) | 平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。