2012年01月20日

あなたの知らない忠臣蔵〜常識逆転・武士道の真実〜


BS歴史館です。あなたの知らない忠臣蔵〜常識逆転・武士道の真実〜です。

今からおよそ300年前、元禄15年12月14日(15日未明)赤穂浪士の討ち入りがありました。2時間の激闘の末、仇・吉良上野介を討ち取ります。これが、元禄赤穂事件です。

この事件は、江戸庶民はすがすがしい義挙と喝采。泉岳寺には、四十七士が祭られています。

当時でも、討ち入りの評価は分かれていました。
「忠義」を果たした武士の鑑
「法」では討ち入りは犯罪
彼らは武士道を解っていないなど・・・。

それは赤穂浪士内でも同じでした。
堀部安兵衛の「忠義」=主君・個人に対して。
大石内蔵助の「忠義」=御家。

主君浅野内匠頭長矩が切腹したその時大石は・・・。
城の明け渡しには同意せず、切腹覚悟でしたが、本家・浅野家が大石の切腹を許しませんでした。

4月19日赤穂城を明け渡し、領地も取り上げられます。家臣も食い扶持がなくなり各国ちりぢりに・・・。
大石自身も京都・山科に移り住みます。大石には、家老としてやるべきことが残っていました。

ちりぢりになった家臣たちに安定した生活を送らせること、そして、浅野家の再興でした。大石の責務、それは、弟の大学とともに、浅野家の復活をさせることでした。

しかし、江戸留守居役の堀部安兵衛は応じません。浅野家の復活には不満を持っていました。「我々は、あくまで亡き内匠頭様に忠義を尽くすことが本意、主君の仇、吉良を見逃し、分家の大学様を大切に思うこと、大学様にことよせ命を惜しむようである。討ち入りは武士の道にかなう行為であり、奉公すべきは内匠頭様ただ一人。その怨念を晴らすことが何よりの忠義である。」と。

これに対し、大石は戒めます。
今、討ち入りをすれば、お家再興の道は絶たれてしまう・・・。
「亡君の忠義尽くすといって、御家根も葉も打ち枯らしては、忠義とばかりは言えない。」

この忠義の違いは、二人の経歴や社会的地位の違いによるものです。

大石は、代々浅野家の家老を務めてた譜代でした。
だから、大名家の存続、浅野家の再興が重要だったのです。

しかし、安兵衛は、新潟・新発田藩出身、江戸で堀部弥兵衛の養子となります。そうして、内匠頭により、江戸留守居役に抜擢されるのです。自分を取り立ててくれた内匠頭が人生であり、たった一人の主君でした。

組織全体を尊重するのか?それとも大切な一人の為に尽くすのか?現代に通じる問題です。

いろいろな忠義のあり方があり、それぞれの武士の立場の違いがそこにはありました。

また、新しい資料が発見されるたびに、私たちの知らない忠臣蔵が発見されます。

討ち入りは、元禄の天下泰平に、古き勇ましい武士道の復活を思わせたわけですが、赤穂浪士は「お坊ちゃまの武士道」という批判の声もありました。

では、武士道とは?

元禄14年夏、京都の山科で・・・。
大石は、この地から幕府に、お家再興を訴えていました。ところが、1年後、衝撃的な知らせが大石の元へ・・・。大学の謹慎はとけたものの、広島にある浅野本家のお預かりとなります。このことは、もはや大名にいはなりえないことを意味していました。

大石の望みは潰えます。


元禄15年7月京都円山で、本格的な討ち入りを決意します。すでに松の廊下から1年4か月たっていました。
江戸に入り、吉良邸を4か月かけて入念に準備します。

佐賀県の鍋島藩には、この大石の緩慢な行動を批判した書が残っています。

「武士道とは死ぬことと見つけたり」あの有名な「葉隠」です。「赤穂義士の敵討ちは、延びに延び、ケンカ打ち返しをせぬ故」=恥、と、大石を非難しています。本来の武士とはやられたらやり返すものだ!!というのです。
赤穂の義士を、上方風の打ちあがりたる武士道と非難します。これは、上品・軟弱・優等生という皮肉を込めた言い方です。


別の角度から見ると、大石は新しい武士でした。計画性と合理性を兼ね備えていました。
具体的には・・・
@徹底的な予算管理
神奈川県箱根神社には、金銭出納帳が残っています。
大石は、藩の財務整理をしたうえで、691両の仇討資金を用意します。その使い道はすべて記入。
そこには、同志たちの江戸滞在費、武器代など、書かれていました。そして、7両の不足分を自ら補てんしていました。

なぜ、こんな経済センスがあったのでしょうか?上方は、天下の台所でした。赤穂は大阪に近く、良質の
潮が取れるので、繁栄していました。豊かな藩財政を担ううちに出来たものだと思われます。

A合理性
徹底した情報収集を行います。
武士でありながら町人になりすまします。米屋、茶人に弟子入りし、吉良邸を調べ上げます。町人になりすますこと・・・。それは、本来は恥ずべきことでしたが、体面やプライドは二の次でした。

近代的な経済合理性を持っているのが、上方武士道の姿でした。

上方武士道・本来の武士道・・・地域によって武士道は違いました。それは、幕末の武士でも同じことでした。薩摩武士などは、古い考え方で、仇討ちは行き当たり次第に討ち取るようなところがありました。

大石は、将棋や碁のように、戦略的だったので、理解できなかった武士もたくさんいたようです。

ちなみに武士道の始まりは万葉から。鎌倉期には弓矢の道となり、戦国では戦場での勇猛果敢な働きのことで、江戸時代になると、強いばかりではなく「忠義」が入ってきました。内面性に重視を置くようになってきたのです。これは、平和な世になったので武士の官僚化が進んだといえるでしょう。

つまり、武士道は地域・時代・立場によって、全く変わってくるのです。

元禄15年12月14日討ち入り

2時間の戦闘の末、吉良の首を討ち取ります。

では、この討ち入りの真実とは?

新潟県新発田市で資料が発見されました。
これは、佐藤條右衛門という安兵衛のいとこが書いたものです。

元禄の武士は呑気で、吉良邸の周りでは町人たちが普通に歩いていて、かなりの数の支援者や見物人がいたというのです。また、討ち入りに遅れてきた浪士もいました。

12月15日朝、吉良を討ち取り・・・。泉岳寺の内匠頭の墓前に首を備えました。江戸庶民は、武士の鑑として喝采しました。

武士の間では、幕末まで義士か否かという論争がありました。
私たちは誰の為に生きるのか?忠義とは何か?

林大学頭信篤(儒学者)は、「復讐論」の中で、義士としてたたえています。

「命を惜しんで仇敵を見逃すことは、士の道に外れるものである。46人は、当然褒められるべきである。」

しかし、」否定的な意見も出ます。荻生徂徠です。

「幕府の仇討の許可もないのに騒動を企てたことは、法律においては許されざることである。従って厳罰に処すべきである。」と、

仇討ちは忠義
法律に背き忠義ではない・・・・では、誰のための忠義か???

松の廊下から47年後「仮名手本忠臣蔵」が、上演されます。夫婦の絆、親子の別れ、忠義、何もかもロマンチックで人気が出ます。

同じころ、弘前藩では乳井貢が批判します。
この乳井貢、家督わずか50石の武士でしたが、勘定奉行にまで上り詰めた人物です。

武士道に独自の考えがあって・・・。
「治めるべき国も民もなくなった赤穂の家臣たち。武士として職分はなくなった。しかし、人間としての職分はなくなったわけではない。妻子を養い、家族を維持していく責務が残っていたはずだ。」として、過去の義士論争とは全く違う観点から批判をしています。

「主君に仕えることのみが大輪の道ではない。赤穂浪士たちは、名を惜しむあまりに、親に対する子供としての、妻に対する夫としての、家族に対する職分を放棄し、果たさなかったことこそ批判されるべきである。」主君以外の四つの守るべき大切なもの、それは、親・子供・兄弟・友人。


明治時代には、世界に・・・。斉藤修一郎の「忠義浪人」です。これに大きな感銘を受けたのが、第26代大統領セオドア=ルーズベルトです。「忠義という麗しい神は、もっとアメリカにも欲しいものです。」


忠義をどう考えるのか?我々は、一体誰の為に生きるのか?それは、多面的なのです。
新渡戸稲造が、1899年に「武士道」を外国人に向けて発表。そこで・・・。

「赤穂四十七士の主君は、切腹を命じられた。彼は控訴する上級裁判所を持たなかった。彼の忠義な家来たちは、当時存在した唯一の最高裁判所である復讐に訴えた。そして、彼らは法によって罪の宣告を受けた。しかし、民衆の本能は、違う判決を下した」と、紹介しています。

当時の日本人は、法などなくても生きて行けたのです。義を見てせざるは勇亡きなり=自発的に正しいと思ったら自分でやるべきことはやる!!

戦国の残虐な中からコロコロと転がって、武士の心の強さがみんなの為に・・・。というところに落ちていったのでしょう。

みんなの目的「美しく生きる」ことに。

NHK想い出倶楽部II〜黎明期の大河ドラマ編〜(2)赤穂浪士
NHK想い出倶楽部II〜黎明期の大河ドラマ編〜(2)赤穂浪士

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 18:17| Comment(2) | BS歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新選組血風録第10回「油小路の決闘」

永井大さん主演の「新選組血風録」。第10回まで来ました。ふつう、ドラマもここまで来ると感情移入するんだけどな・・・。たらーっ(汗)

やはり、受け入れられないものが・・・。お美代は本当に間者になってしまっている。。。歳さんの使った間者に。。。あせあせ(飛び散る汗)だから、歳さんは女を間者にはしないって・・・。

伊東甲子太郎が、本当は新選組を乗っ取るつもりだったとか、どうして「御陵衛士」ができたのか?とか、平助がどうしてそこまで伊東甲子太郎に入れ込むのかとか、全く描かれていないし・・・。命を懸ける大義名分が全く分かりません・・・。


イメージとしては、近藤さんはあんまり企まないというか、そういうことはびしっと歳さんにしてほしいのですが、未だに腑抜けのようだし。。。もうやだ〜(悲しい顔)

で、何が最悪かって、平ちゃんの最期。。。
斉藤さんと仲が良かったかはともかく、最期は永倉新八が逃がそうとして・・・。でも、その気持ちは解っていても男として退くことはできなかった。そして、新選組の内情に詳しくない隊士に斬られて絶命・・・。という設定が嬉しかったのですが。ありきたりでしょうか?

だって、史実とドラマは違うけど・・・。でも、歳さんが自分の迷いをの思いを振り切るためのように平助を斬るのはいかがなものかと・・・。たらーっ(汗)

また、小説と照らし合わせてしまいました。。。

私が子供のころ、「デビルマン」なんかは原作とは全く違うし、30分にまとめるためにそれが当たり前のようでしたが、「スラムダンク」の頃から、「原作に忠実なアニメ」みたいなのが増えました。だから「スラムダンク」なんかは一言一句間違いないか、漫画と一緒に見たものです。

それを思い出してしまいました。オタクの血が騒ぐというのかしら・・・。

最初に好きになったのが、
【中古】afb【古本全巻セット】とってもひじかた君_全6巻[完結]_鈴宮和由_小学館_新書版
【中古】afb【古本全巻セット】とってもひじかた君_全6巻[完結]_鈴宮和由_小学館_新書版

「とってもひじかた君」だったので、なんだかんだとは言えませんが。。。

ま、新選組たくさん見てきたので、打たれ強くなっていたと思っていましたが、昔から好きだったから余計に許せないのかなあ・・・。

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 11:58| Comment(0) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

幕末維新前夜のナンバー2〜坂本龍馬〜

幕末維新前夜のナンバー2〜坂本龍馬〜です。

幕末の龍馬は、時代のナンバー2として奔走しました。

1853年黒船が来航。アメリカ・イギリス・フランス・オランダが開国せよと圧力をかけてきました。
 54年日米和親条約締結
 64年禁門の変

尊王攘夷に包まれていた時代でした。

「日本を今一度洗濯いたし申候」

龍馬も日本を変えたいと土佐を飛び出します。

勝海舟に学び、No,2として成長、西郷と桂の間に薩長同盟を成立させます。

また、山内容堂・後藤象二郎と組んで、無血開城、大政奉還の立役者となります。しかし、志半ばで暗殺。

龍馬の描いた日本の未来とは?

坂本龍馬、日本人なら誰もが知っていて、大好きですが、少し前までは誰も知りませんでした。
その人気は・・・ご存じ「竜馬がゆく」、司馬遼太郎さんの小説によって火がついたのです。

竜馬がゆく 1|司馬遼太郎|文藝春秋|送料無料
竜馬がゆく 1|司馬遼太郎|文藝春秋|送料無料

その実像は、掴み難く、しかし、吸収意欲が旺盛で、垣根を越えて人と付き合える人物であったことには違いないようです。

身分制度の厳しい時代、どうしてフリーに動けたのでしょうか?それは、隠密(諜報活動)に従事した下級武士だったから?脱藩浪士は普通は貧乏で、長屋で傘の内職をしているというのです。

龍馬にはNo,2のイメージはありませんが、いろんなグループのNo,1と付き合いがありました。

その中でも一番影響力があったのが、勝海舟です。

1835年今の高知県土佐藩、下級武士の子として生まれ、幼少は、落ちこぼれで弱虫でした。19歳で江戸へ剣術修行に行き、今の時代は剣術よりも大砲だ!!ということに気づくのです。

1853年黒船来航によりあっさり開国。砲術を学び、河田小龍の下で学び、ジョン万次郎を調査、アメリカの民主主義・身分差別のない世界にびっくりします。日本も平等な国に・・・。

1862年脱藩して勝の元へ。勝は、海軍を作って貿易し、商売をしようとしていました。世界の7割は海。龍馬は勝に弟子入りします。

1864年幕府は神戸海軍操練所
      神戸海軍塾を開設、龍馬は塾頭にまでなります。

「日本を今一度洗濯いたし申候」

しかし、勝に紹介したのは松平春嶽でした。福井の殿様が龍馬を紹介するというのは不思議?やはり、山内容堂が松平春嶽にお願いしたのではないか?と思われるのです。

勝は謎の人物です。

5年間の長崎生活で、後の人生の人間関係を作り上げました。特に、長崎の豪商・小曾根英四郎は、土佐海援隊誕生を支援しています。また、松平春嶽を通じて島津斉彬・グラバーなど、ほとんどの人脈を築いたのです。

この操練所、兵士を訓練するための施設で、これからは海軍だ!!と、下級武士を集めます。しかし、禁門の変に操練所の学生が入っていたとされ、閉校となります。

その時、すでに薩長同盟の下地は勝が作っていました。

その後、龍馬は、西郷隆盛が面倒を見ることになります。長崎には出島があり、龍馬は日本初の貿易商社亀山社中を作ります。蒸気船のお金を用立てたのは、西郷でした。
西郷に認められた龍馬。薩長同盟の成立に向けて奔走します。

薩摩と長州、どちらも討幕派、しかし、憎い敵同士・・・。

長州が第二次長州征伐に向けて武器が必要となります。そこで、龍馬は、武器を以て手を結ばせるのです。こう書くと、なんか、死の商人みたい・・・。たらーっ(汗)

薩長名義で購入した7000丁の銃と軍艦1隻を、亀山社中を通して長州が買うというもの。三角貿易です。

1866年1月22日会談し、薩長同盟成立。討幕へと舵が切られます。

下級武士の龍馬が、藩のTOPと会えたり、武器を購入できたのは、武器商人・グラバーのおかげです。グラバーのバックにはイギリスがついているし、薩摩藩の軍事顧問のような存在でした。そんなグラバーのNo,2だったのです。

つまり、亀山社中は、グラバー紹介と銃器の取引を開始するペーパーカンパニーだったというのです。言わずもがなですが、この二人を引き合わせたのも勝海舟です。

龍馬の考えた武器なき討幕。

龍馬は、平和による討幕を望んでいました。そこで、土佐藩の力を借りようとしました。山内容堂・後藤象二郎とは対立していた龍馬、大政奉還を話し合い、その方向で話は進んでいきます。

亀山社中は、土佐藩お抱えの海援隊となります。龍馬の示した「船中八策」、これを案にして山内容堂が将軍へ・・・。

1867年10月14日徳川慶喜・大政奉還を行い、天皇を中心とする政治に・・・。
しかし、岩倉具視は快く思っていませんでした。
西郷・桂をけしかけ「討幕の密勅」を。。。これは、薩長に密かに手渡された慶喜追討の勅書です。これは、偽勅という説もあります。

これを持ち、錦の御旗、官軍として戊辰戦争に突入するのです。実のところ、どちらも官軍だったのに・・・。

武力討伐を防ごうとする龍馬。

1867年11月15日33歳の誕生日でした。
    近江屋で、中岡晋太郎と一緒のところを急襲され、龍馬は即死、晋太郎は2日後に亡くなりました。

その犯人は、新選組・見廻り組(今井信郎)とか。。。真相はわからずですが・・・。

新説として・・・。

加治将一さんの「竜馬の黒幕」という本には、中岡晋太郎が実行犯となっています。中岡が実行犯で、黒幕は岩倉具視というものです。

@まず、龍馬が正面から一太刀の即死というのは、顔見知りの犯行でしかありえないということ
A龍馬が一太刀なのに、中岡が27太刀というのはおかしいということ
B中岡が岩倉具視と会っていて、その時に密命をおびているのかも?

ということなのですが、どうでしょう?

その説では、やはり、岩倉や大久保は武力討伐して、自分たちの独裁政権にしたかったのではないだろうか?ということでした。

「あいつさえ消せば!!」という大きな存在に龍馬はなっていたのです。

自由で平等な世の中に・・・

1868年江戸城無血開城
   五箇条の御誓文には船中八策が使われ、亀山社中にいた岩崎弥太郎が三菱財閥を創設。龍馬のアイデアは、後に引き継がれ、死んでなお、影響力を残したのでした。


竜馬がゆく DVD-BOX
竜馬がゆく DVD-BOX
司馬遼太郎の幕末・明治 『竜馬がゆく』と『坂の上の雲』を読む|成田龍一|朝日新聞社|送料無料
司馬遼太郎の幕末・明治 『竜馬がゆく』と『坂の上の雲』を読む|成田龍一|朝日新聞社|送料無料

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 18:07| Comment(0) | THE ナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。