2011年11月11日

本能寺の変の謎

BS歴史館。シリーズ激論!戦国の真実。「織田信長・本能寺の変の謎〜常識を揺さぶるミステリー〜」でした。

今から400年前、天下統一を目前にしていた信長が、家臣・明智光秀の謀反によって、壮絶な最期を遂げた事件の真相追及です。

が、資料は乏しく、何故、忠臣光秀は信長を裏切ったのか?未だに様々な解釈がなされています。

日本史最大のミステリーです。

天正10年(1582年)、宿敵甲斐の武田を倒した信長・・・目下の敵は、長宗我部元親・毛利輝元・上杉景勝でした。

5月29日、長宗我部元親制圧のため、京都・本能寺に到着。

最近の発掘調査で、本能寺は寺とはいえ、外堀、強固な石垣があったことがわかりました。が、何故、本能寺に身近な家臣のみで・・・。

光秀はこの時、1万3千の軍隊を率いて、西に向かっているはずでした。
6月2日未明、運命の時が銃声と共に始まります。

信長「これは謀反か!!いかなる者の企てぞ!!」
近習「明智が者と見え申し候」


光秀は、信長最高のエリートであり、最も信頼をしていた男でした。
その明智軍に、取り囲まれ、信長は自らの手によって、本能寺に火を放ちました。49歳の壮絶な生涯でした。

突然の事件であっただけに、何故???という思いが強いのですが・・・

@怨恨説
A野望説
B黒幕説

資料が乏しいため、多くの仮説が生まれています。
上杉・毛利・一向宗・雑賀一族・朝廷・室町幕府・家康・秀吉・・・。
に、疑惑の目が向けられています。

単独犯行説をとるならば、怨恨・野望・恐怖・ノイローゼなどが上げられます。

黒幕関与説ならば、朝廷説・義昭説・本願寺説・イエズス会説・家康説・秀吉説があるでしょう。

暴君である信長、そんな信長に仕えた光秀。

信長が再評価されるのは、明治時代以降、改革者として人気が出ます。が、それ以前は人気はなかったのです。
1990年ぐらいから、いろんな説が出始めます。

朝廷説・・・吉田兼見(京都の公家・神官であり、光秀と親交が会った)が、天正10年に2つ、日記を残しています。このうちのひとつが、本能寺の変以降書かれていないのです。ミステリーの始まりでした。

では、光秀の動機は?死人にくちなし・・・。で、核心を語る人がいなくなってしまいました。
何故、信長を殺したのか・・・。

絶大な信頼を寄せられていた光秀は、新参者でした。「信長公記」には、「丹波国、日向守働き、天下の面目をほどこし候」と、光秀の活躍が褒められています。

光秀の人間像は・・・。家中軍法によると、

「自分が瓦礫沈りんの中から、信長に召しだされ、多くの軍勢を与えられたので、粉骨砕身忠節に勤める」と、書かれてあります。

取り立ててくれた信長に、感謝していたのです。

この日付は、天正9年6月2日。本能寺の変は、10年6月2日。
この1年のうちに何があったのでしょうか?

ルイス・フロイスによると、
「好みの合わぬ要件で、信長は怒りをこめ、明智を足蹴にした」と記しています。これは、本能寺の1カ月前、家康の接待時のことです。
この頃の光秀は・・・秀吉との確執が出てきていました。
秀吉の助けに、対毛利の援軍として出陣の命が下っていました。これは、秀吉の傘下に格下げも同然のことでした。

戦果を上げる秀吉。領地を召し上げられた光秀。
光秀は、ノルマを課せられた営業マンのようでした。
天正8年には、佐久間信盛・林道通勝などの信長古参の銃身が粛清され、光秀自身にも、明日はわが身の焦りが生じてきていました。
信長は、天下統一に向けての人事配置、つまり、若返りを始めたのです。
素浪人にされるかもしれない。。。

決定的なことは・・・外交問題でした。
長宗我部元親との間を取り持っていたのが光秀だったのに、信長が元親に対し城の明け渡しを要求。この2人の間で苦しんだ光秀。
本能寺の変の当日は、四国征圧の出兵の直前だったので、2人の間で苦しんだ光秀が下した判断だったのかも?

黒幕説は、近年出てきたものです。
光秀から雑賀衆、土橋平尉にあてた書状には・・・。
クーデターに対し、参加を申し出てくれたことへのお礼が描かれています。
また、
「上意馳走申し付けられて 示し給い快然に候」とあります。この上意とは、足利義昭のことではないか?というのです。足利義満は、光秀のかつての主君でした。天正元年に、京都を追放され、室町幕府は滅亡と言われていますが・・・。将軍は、京都に居ないことがずっと続いていました。亡命している将軍・・・。これが、普通になっていました。

広島の鞆の浦に御所を構え、毛利輝元を副将軍において、打倒信長を目指して幕府を維持していました。鞆の浦には、義昭を推す、反信長同盟(毛利・長宗我部同盟)があったのです。

義昭は、本能寺の11日後、御内書を発しています。
「信長を討ち果たす上は、入洛の儀、急度馳走すべき」=信長を討ち取ったので協力せよ
という内容です。
義昭と光秀が結託していたのでしょうか?

当時の勢力とすれば、信長VS反信長の、二重政権時代でした。

これは、正当性の問題で、信長が作ろうとした国と急進的なものにはついていけない将軍義昭を奉じる国との戦いだったのです。

将軍義昭を報じる国・・・。実現可能性は少なかったものの、室町幕府は滅亡しておらず、義昭の使える冠としての機能はあったかも知れません。

本能寺の変の11日後、山崎で、秀吉と光秀が戦い、光秀は敗走。天正10年6月13日農民の武者狩りで命を落とすのです。

謀反人光秀が、友人細川幽玄宛に遺した手紙には・・・。
我等不慮の儀=思いがけず唐突に・・・とのこっています。

本当に唐突だったのでしょうか?多大なリスクを負ってまで・・・。
当時は、「氏族」を発展させなければ死に絶える」という強迫観念があったと思われます。苦境に立たされている明智一族。まさに、生きるか死ぬか。

真の動機は明らかにはなっていませんが・・・。
本能寺の変には、戦国武将ならではの戦国武将の生き様がちりばめられています。絶頂感の中に生きている人たち。この人たちのことは、長生きしたい、安穏と暮らしたい、呑気に考えている私達にはわからないのかも知れません。

ちなみに、最近発見された大徳寺所蔵「織田信長像」は、絵と下絵には大きな違いがあります。下絵は信長好みの片身替りの派手なもの、口ヒゲも大きく威厳があり、刀も大きいのですが・・・。

着物も、ヒゲも地味なものに。刀は小さく・・・。書き換えさせたのは秀吉でした。秀吉はいつの頃からか信長を疎ましく感じる様になっていました。決して超えることの出来ない畏敬のコンプレックスだったのです。

大阪・岸和田・本徳寺には、かつて逆臣といわれた光秀の肖像画が残っています。
また、滋賀・坂本・西教寺には一族と一緒に祭られています。

歴史とは、勝者のものであり、正と邪を決めたがるものです。

為政者の言うことは正
異論を唱えるものは邪  とされる歴史。

本能寺の変・・・。それは、日本史をゆるがせた戦国の大事件でした。
いつまでも語られるこの事件は、魅力たっぷりに私達を楽しませてくれます。

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

posted by ちゃーちゃん at 14:36| Comment(0) | BS歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

ひとつのヨーロッパへ

池上彰の「現代史講義」第13弾です。

今、世界的にニュースになっているヨーロッパ、このヨーロッパはどのようにして出来たのでしょうか。

今に至るまでには、様々な人間の愚行がありました。
大変難しく、混乱している現在、しかし、英知を結集してひとつでも良いものを作っていこうと頑張ってきたのです。

その中のひとつが、ひとつのヨーロッパ。
第二次世界大戦以降、ひとつのヨーロッパにすれば戦争がなくなるのでは?
と、ヨーロッパの人は考えたのです。

<ギリシャの暴動>について・・・。
2010年5月、3年間で300億ユーロ(約3兆800億円)の歳出削減を行うと、ギリシャ政府が発表しました。その中には、年金の受給年齢引き上げ、国のサービスの削減、公務員の給料を減らす・・・。などの政策がありましたが・・・。それは、どうしてなのでしょうか?

そこには、ギリシャがEUに入っているが故の苦悩があったのです。
2009年秋の総選挙で、政権交代がありました。この政権交代により、今までの秘密がボロボロ明らかになってきました。その中でも酷かったのが、財政赤字です。
財政赤字が、対GDP(国内総生産)12.7%であることが発覚したのです。これは、前の政権が発表していた4倍に当たりました。
おまけに、EUとして、ギリシャの財政を調べると、財政赤字は13.6%にもなりました。

ギリシャが赤字→赤字国債の発行→国債を発行しても買ってもらえない→高い金利をつける→ついには一年物の利回りが8.79%に上りました。つまり、これくらい高い金利をつけないと買ってもらえないのです。

これは、今、経済状態のいいドイツより、6%の上乗せで、ドイツの国債であれば、2〜3%であっても、安心して買われています。

この結果、財政赤字からの悪循環が始まり、借金は拡大し、国債は紙くずになるかもしれない・・・。ということで、EUに助けを求めました。

EUとしては、当たり前のことですが、「自分が先ず、身を切りなさい」と返事をしたので、ギリシャは公務員を減らす、年金を減らす、国民に我慢をさせる・・・。と、発表しました。このことが、国民の暴動へと発展したのです。

ちなみに、日本の財政赤字は(2010年度)対GDP比8.7%、国債及び借入金残高973兆円もあります。日本のほうが、酷くて深刻なのでは?
日本では、政治家が国民の反発を恐れて対策をとらずに先送りしているのが現状です。ちなみに、イギリスでも暴動に発展しています。
どこを見ても、若い人が(40代)国のTOPに立たないと、先のことは改革しないという政治家が多いと言えます。

ただ、日本の場合、外国が勝っているのは5%ぐらいで、国債の95%は日本の中で消費されています。しかし、ギリシャの場合、ドイツやフランス、北ヨーロッパの国々や会社が国債を持っています。そのことが、日本よりも深刻な状態を招いているのです。

国債が怖くて買ってもらえない・・・。となると、国債の格付けが下がります。そうなるとまた、売ろうとします。すると、また値段が下がるのです。

国債の流通価格が下がると、金利が上がるのですが・・・。つまり、ギリシャの流通価格が下がってしまって、悪循環から抜け出せなくなります。
そこで、ヨーロッパの国々(ドイツ・フランス)が、支援をします。そうすると、財政は破綻を免れ=金利は下がります。

このユーロ、全てのヨーロッパ連合が使っているわけではありません。ギリシャはもともとドラクマでした。が、観光大国のギリシャとしては、両替をするのが面倒だったり、手数料を取られたりするということ、また、貿易に関しても、ユーロの中なら変動しないから為替差損もなくなる、と、ユーロランドに参加したのですが・・・。

この仲間になるためには条件がありました。
その条件は、経済状態の悪い国は、ユーロの信頼度がなくなるので、財政赤字は小さくなくては駄目よ!というものでした。
つまり、ユーロ加盟条件は、対GDP比で3%未満でないと駄目というものでした。これにギリシャは嘘をついて加盟したのです。本当は13.6%でした。

ここが、ユーロ圏が抱える難しい問題点なのです。

ユーロを管理しているのは、欧州中央銀行です。つまり、ここが、金利を決めています。しかし、国の財政政策は、自分の国で個別に考えないといけないのです。

日本なら、財政政策も、金融政策も自国でできます。つまり、ユーロ圏では、個別の金融政策が取れないのです。例えば、ドイツは金利を引き上げたいのですが、ギリシャ、イタリア、スペイン、ポルトガルは下げたい・・・というように。

つまり、金利を下げたい国も、上げたい国も、財政政策だけで頑張らなくてはならないのです。ユーロだと、景気の回復も難しいのです。

経済状態がわるい、景気が悪くなると通貨は値下がりします。そうすると、輸出がしやすくなります。そうすることで、大量にお金が入り、景気が回復するのです。

しかし、為替の変動のないことが、回復しにくくさせているのです。

ちなみに、ドイツのメルケル首相は、「怠け者のギリシャはもっと働くべきだ」と、言いましたが、実際に調べてみると、ドイツ人の年間労働時間のほうが少なかったといいます。つまり、ドイツは労働時間内の生産性が高いといえるのです。

こんなふうにギリシャのことを言っているドイツですが、実はドイツはギリシャの恩恵を受けています。ユーロの値段が下がるということは、ドイツは商品を安く売れるということです。自動車は絶好調だといえます。

つまり、経済力の違う国が一緒になると、大きな弊害が出てくるのです。


EUは、どのようにして始まったのでしょうか?それは、第一次世界大戦、第二次世界大戦で、ヨーロッパ中が焼け野原になってしまいました。どうしたらヨーロッパから戦争をなくすことが出来るのだろう?それは、国境があるからだ。資源や工場の独占から戦争が起こるのだ。ということで、ひとつの国にしようという理想から始まったのです。

でも、いきなり全部しては駄目!ということで、とりあえず出来ることから一つ一つ・・・。

まず、アルザス・ロレーヌ地方の石炭をめぐって、いつもドイツとフランスは戦っていました。これをどうするか?ということで、みんなで共同管理しようと、

1951年ヨーロッパ石炭・鉄鋼共同体(ECSC)を作りました。参加国は、フランス・西ドイツ・イタリア・ベルギー・オランダ・ルクセンブルグの6カ国でした。
ここから欧州連合が始まったといえます。
ちなみに、スイスは国連以外、どこの国際組織にも入っていません。スイスフランとユーロが流通していますが、今は、スイスフランは高くなりすぎています。

そうして、経済一般を強化するため、
1957年ローマ条約に調印。し、
1958年ヨーロッパ経済共同体(EEC)
     ヨーロッパ原子力共同体(EURTOM)が出来ます。

ひとつのヨーロッパの、理想が始まったのです。
外国製品に関税をかけるのが貿易ですが、これを引き下げ、やめることに成功、1967年この3つの共同体をまとめて、

ヨーロッパ共同体(EC)が、12カ国で始まります。経済協力だけではなく、もっと協力し始めます。

・入国管理の撤廃。
・ヨーロッパ全体の行政機関を作ろうと
 1993年、ヨーロッパ連合(EU)となるのです。
このEU、オランダのマーストリヒト条約に基づいています。ベルギーのブリュッセルが本部です。
何故ベルギーかというと、ベルギーは、フランス語圏、オランダ語圏、ドイツ語圏があり、ヨーロッパの縮図のようだからです。

このベルギー、今も国家分裂の危機にあります。それは、イデオロギーのみでなく、フランス語にするか、オランダ語にするか・・・。1年以上組閣が出来ない状態が続いています。

しかし、NATOに参加、リビアにもベルギー軍は参加しています。
ベルギーは立憲君主制ですが、国王は政治に口出しできません・・・。が、まとめるのが上手なファンロンパイに首相をお願いし・・・。

首相になったものの、初代EU大統領となってしまいました。そうなると、ベルギーを治める首相が不在になってしまいました。この初代EU大統領は、ドイツやフランスなどの大国が出すのは影響力がありすぎるし、イギリスのブレア首相はなりたかったのですが、「ユーロを使っていない国」なのにいかがなものか?とけちがつき、ファンロンパイになりました。

が、EUにとられたために、未だにベルギー国内では混乱が続いているのです。

2002年1月1日、ユーロ導入。このとき、13カ国でした。ヨーロッパにひとつの共通通貨を!!と、始まったのです。共通通貨単位は(ECE)。この信頼のかなりの部分をマルクが占めます。ドイツが脱退することは、ユーロの破綻になるので、ドイツの脱退は有り得ないだろうといわれるぐらいの信用があるのです。

このことで、それぞれの国が、通貨の発行権を欧州中央銀行に譲ったことになります。これは、欧州合衆国に移譲する第一歩となりました。

では、イギリスはなぜユーロに参加しないのでしょうか?
ユーロのお札に描かれている門と橋、これは、どこの国にもありそうで、有り得ない門と橋が描かれています。つまり、どの国でも使えるように・・・。イギリスのエリザベス女王は有り得ないから。。。イギリス人のプライドが許さないのでしょう。

ちなみに、コインは、表は同じですが、裏はそれぞれの国のデザインになっています。

この、関税の撤廃により、商品の定義が細かく作られます。何をもってビールとするか、チョコレートとするか、ありとあらゆる商品について基準を定めました。ひとつの国にするために・・・。

今では、パスポートのスタンプもユーロ圏では押しません。国境がなくなったといえるでしょうか?ひとつの国になったのでしょうか?戦争がなくなったのでしょうか?

本当に大丈夫?
今、問題となったのが、トルコをEUに入れるのか?という問題です。トルコはヨーロッパ?という問題です。ヨーロッパとアジアの分かれ目は、ボスポラス海峡といわれています。この海峡を挟んでヨーロッパとアジアに分かれているのです。つまり、トルコのほんの一部がヨーロッパに入っているのです。

おまけにトルコはイスラム圏です。イスラム教圏なのに、キリスト教圏に入るの?という本音の問題です。
今までは、東ヨーロッパの時も、東方正教会だからキリスト教圏です。つまり、知らず知らずのうちに、キリスト教圏の国ばかりになっていたのです。

他にも、ルーマニア・ブルガリア・ハンガリーからの出稼ぎ労働者のおかげで、先進国の賃金が上がらないと、差別が始まりました。

また、アラブの春のチュニジアの人は、もともとフランスの植民地であったためフランス語が話せます。ので、フランスへ移民したいという人が殺到します。そうして、船で渡れる一番近いイタリアに上陸しました。イタリアは、さっさとフランスに行って欲しいので、EUへの滞在許可を出し、フランスに行くように促しました。そうなると、「移民はもう結構!!賃金は上がらないし、治安が悪くなる」と、フランスはイタリアとの国境を閉鎖してしまいました。

国境なき世界を作りたかったのに・・・。
フランスでは来年、大統領選挙があります。移民排斥運動の中心人物、フランス国民戦線のマリーヌ・ルペンが、サルコジよりも高い人気を誇っています。来年のフランスの選挙では、移民の許容範囲が問題となるでしょう。

ひとつのヨーロッパを作ろうとしたのに・・・。
ヨーロッパの外の人を排斥しようとする運動が起こってきているのが現状です。

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 15:20| Comment(1) | 池上彰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

正倉院展の後は・・・

車で飛鳥の方へ・・・。



先ずは卑弥呼の墓、といわれる箸墓古墳へ・・・。

周りには大きな標識もなく、「これがそうかなあ・・・」と、思いながら周りを車で一周すると、カメラを持ったおじさんが何人かいて・・・。宮内庁の看板が出てきました。

近くにある園芸店の駐車場が入り口?になっていて、そこから入ると、その園芸店の人が?親切にも立て札を立ててくれていました。

19.jpg

あーこは、今クラスで、卑弥呼の本を読んでいるお友達がたくさんいるので興味深深でしたが・・・。


そうして中へ・・・。

20.jpg

当たり前ですが、ただのこんもりした丘に、感激も半減していました。
パパは、一人で飛鳥に浸っていましたが、勉強していなかったら、やっぱりただの丘だものね・・・。ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

その後、石舞台へ。

石舞台古墳は、築造は7世紀のはじめ頃、被葬者は不明ですが、6世紀後半にこの地で政権を握っていた蘇我馬子の墓ではないかといわれています。

これは、見ごたえがありました。

21.jpg


外から見ると、本当に大きな石です。
古代の人は、どうしてこんな事が出来たのでしょうか?やはり、信仰のなせる業なのでしょうか?

22.jpg



入り口です。大きな石に、圧倒されます。

23.jpg


中からです。光が差し込んでいます。今までどうして崩れなかったのか・・・。本当に、古代の神秘です。

石舞台では、説明をしてくれる石舞台の人か?ボランティア?のおじさんに、色々お話を伺いました。

和歌山の紀の川筋から、吉野川に入ってきた文化なのだそうです。
私達は、その和歌山から来たのですが、和歌山で止まっていたら、文化の中心は和歌山だったのかも知れません。

と、楽しいお話をしてくれました。おじさんありがとう。

で、
24.jpg


ここが、聖徳太子生誕の地です。いまや、いるかどうかも怪しい・・・といわれている聖徳太子のお墓です。パパによると、息子の山背大兄王はいたんじゃないかな・・・とのこと。

そして、カメを飼っている私達にははずせない、亀型石造物をてくてく歩いて見物に。。。

25.jpg



大きなカメが、道端で眠っていました。

そこから少し走って、いよいよ高松塚古墳へ・・・。
私達が、教科書で習った、あの、高松塚です。

26.jpg



駐車場から、遊歩道を歩いていくと・・・こんもりとした山でした。

この中に、あの絵があったんだなあ・・・。と、感慨もひとしお。o(*^▽^*)o~♪

高松塚に描かれていた、鳳凰、白虎、青龍、玄武は、日本ではここと、キトラ古墳にしかないそうです。

インドアな私。足が痛くなるほど歩きましたが、古代の世界を満喫してきました。楽しかったです。

蘇我氏も、聖徳太子も、いろんな人が歩いた道を、車でたった一日で周った私達は、当時の人にとっては、異邦人なのでしょうね。

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

posted by ちゃーちゃん at 13:03| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。