2011年10月31日

今年の顔ですね!

史上最高のファーストレディー
ナンバー2、今回は、今年の顔、「お江」です。

300年にわたる徳川幕府の栄華を築きあげた、基礎を作ったのは、家康ではなく秀忠でした。家康の言うとおりの、統治プランを律儀に全うし、長期安定政権へと導いたのです。

この秀忠の正妻がお江です。今年の大河ドラマで有名になりましたね。2度の落城を経験し、両親との死別、三度にわたる政略結婚、本当に波乱万丈な一生を送った人です。

この数奇な運命をたどったお江。イメージとしては、
@嫉妬深い妻
Aヒステリックな母

というのが定番ですが、どんな人だったのでしょうか?激動の戦国時代を生き抜いた、宿命に対して決して逃げなかった人でした。

浅井三姉妹は・・・
  長女  茶々  豊臣秀吉の側室 → 三度の落城を経験
  次女  初   京極高次の正室
  三女  江   徳川秀忠の正室

というのは有名ですね。この三人は、上の2人は年子で、3人すごく仲が良かったそうです。

この三人の母、織田信長の妹、戦国一の美女と謳われたお市は、近江の国の浅井長政との同盟のため嫁ぎました。織田信長は、長政を信頼して大事な妹を嫁がせたわけですが、どうして長政が謀反に及んだのかは、諸説あって本当のところはわかっていません。

長政が切腹後、お市は織田信長の家臣、柴田勝家嫁ぎます。が、この勝家も、賤ヶ岳の戦いで、秀吉に敗れます。お市は、勝家と共に、切腹する覚悟を決めていました。娘達は城を後にしました。この時、お江11歳でした。

つまり、三姉妹にとっては、秀吉は自分達の父と兄弟の仇、愛憎は激しかったと思われます。

が、三人は秀吉の下へ。秀吉は、天下統一へ走り出します。

お江の使い道は、尾張の佐治一成へ嫁に出すというものでした。これは、徳川家康をけん制してのことです。
が、小牧長久手の戦いで、徳川軍が逃げる際に船の手配をした事が、秀吉の逆鱗に触れ、お江は離縁させられます。

1590年、秀吉が天下統一を成し遂げます。そうして、お江は、秀吉の甥である秀勝と結婚します。当時、秀吉には子がいなかったので、もしもの時は、この秀勝とお江の子を跡継ぎにしたかったのかも知れません。

この秀勝、新婚1ヶ月で朝鮮出兵へ。この戦いは泥沼化し、戦地で病死してしまいました。

政略結婚によって、秀忠に嫁いだのは23歳、秀忠はまだ17歳で6歳も年下でした。

当時は、「家」を持つことが自分の存在意義でしたが、お江は子供の頃から、「家」を求めてさまよう人生でした。

1595年、伏見城に輿入れします。この時点では、家康は徳川家のライバルではなく、秀吉にとっては頼もしい家来の息子に輿入れ、という感覚だったのではないかと思われます。そうして、徳川家の内情を徳川方に伝える役目を担っていたのです。

しかし、家康は天下を取ろうと思っていました。。。

では、お江は、どんな嫁だったのでしょうか?

家康にはたくさんの側室と息子がいました。そのみんなに、付け届けなど、大変な心配りが必要でした。当時の呉服商「雁金屋」へのお江の注文書には、御三家をはじめ、家康、秀忠の呉服の注文が何十件となされています。

家康の帯は白くなく・・・。とか、秀忠の葵の紋は大きくも無く小さくも無くとか・・・。

細部にわたり心配りがなされていて、当時のファッションリーダーでした。

1600年関ヶ原の戦いで家康が勝利します。
大坂には淀・秀頼・千・・・を、家康が追い詰めようとしていました。家康も、一大名として残るのなら・・・と、最初は助けようと思っていたようです。

秀頼と会見した時、甘やかされ放題と言われた評判とは全く違い、聡明で身長は190cmあったと言われています。

その若さを見たとき、老いていく自分を実感し、危機感から殺意に近いものを感じたといいます。自分の目の黒いうちに何とかしなくては・・・。

と、大坂夏の陣、決戦の火蓋が切って落とされました。お江が諦めきれないもの、それは、娘・千でした。この千姫は助かるのですが、侍女が連れ出したとも、大野治長が特使として逃がしたとも言われています。

淀殿にとっては、大坂城は秀吉の形見でした。秀吉は淀殿に天下を残しましたが、淀殿はその天下を捨てて、一大名に成り下がることは出来なかったのです。

父・浅井長政追福のために淀殿によって1594年に建てられた養源院には、お市、秀頼、淀、長政、秀忠、江が祭られています。

正室として活躍する江。将軍となった秀忠は、武家社会の秩序を次々と作っていきます。

江戸城と大奥を区別し、江は、秀忠公御台所となります。大奥のTOPとなった江、役目は世継ぎを作ることでした。

1604年に家光、1606年に忠長が誕生。家光は、ふさぎがちな性格で、動作が鈍く、人付き合いも悪い。しかし、忠長は、明朗闊達で人をひきつけました。お江と秀忠は、忠長を推しました。それは、国松が可愛いということではなく、国家の共同経営者として「将軍としてどちらがふさわしいか」客観的に判断したものでした。戦国時代、冷静に考えれば忠長で正しかったのです。

そこで出てくるのが、春日局です。春日局は一本気な性格で、駿府の家康に謁見し直訴します。そこで有名なまんじゅう事件です。

江戸城にやってきた家康は、竹千代と国松を呼んで・・・。竹千代は膝のうえに乗せ、それを見て自分も・・・とやってきた国松を叱りました。まんじゅうも、竹千代には手づから与え、国松にはほって与えたといいます。

これは、親2人に長男の大切さを伝えたかったからだといえます。これからの天下泰平の時代、どちらが継ぐか・・・決まっていなければ、お家騒動に発展しかねません。「長男が跡を継ぐ」という形式が大事だったのです。

しかし・・・家光はお江が産んだ子ではない?という説があります。たくさんの子供を産んでいる春日局は家康のタイプでした。その2人の子では?という説です。


徳川幕府の基礎固めをはじめた秀忠。お江は、将軍補佐官として力を発揮します。秀忠の使命は、秩序ある武家社会、大名の序列、役割を決め、サラリーマン社会にすることでした。

縦割りのシステムを作りますが、そのシステムを作るに当たり、お江は、大名一族と交流、女の「裏」ルートを使って情報を集めます。

辣腕を振るう秀忠、改易をしたりして40以上の大名を取り潰します。その中には身内もありました。が、それが戦には発展していません。それは、お江が裏でそれぞれの人の顔が立つように、追い込まない政策を考えたからでした。

1620年には、娘和子を天皇の正室にします。70万石をかけた花嫁行列でした。そうして、この和子の産んだ明正天皇の祖父母となり、日本国の頂点へと上り詰めました。

戦国時代の女性は、自由で活発だったとルイス・フロイスの記述にあります。つまり、女は強い!!ということです。

恐妻家でヒステリックなイメージのお江。でも、結局は忠長ではなく家光を将軍にしているので、これは後世作り上げられたもだとも思われます。

しかし、秀でた適応能力を持ち、知恵と才覚で生き抜き、逆境を逆手に取り、自らの人生を切り開いていった、戦国時代の一番の勝者は、江だったのかも知れません。。。

ああ、大河ドラマも後もう少しですね。楽しみにしています。


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村

posted by ちゃーちゃん at 13:58| Comment(0) | THE ナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。