2011年09月15日

早すぎた改革者 田沼意次

早すぎた改革者
今日見たのは、THEナンバー2〜早すぎた改革者〜田沼意次です。

田沼意次は、10代将軍家治に仕え、道鏡・足利尊氏と共に、日本史上の三大悪人とされています。その悪事とは、賄賂。地元相良町では、「ワイロ最中」も発売されているほどです。

彼は、清き政治を求める人々に追放されました。

有名な歌があります。

「田や沼や
 濁れる御世をあらためて
 清く澄ませ 白河の水」

この白河とは、田沼意次を追放した松平定信のことです。

将軍に信頼された人物⇔金にまみれた三大悪人の一人
どちらが本当なのでしょうか?

本当に、田沼意次は悪人だったのでしょうか?

田沼の時代は、徳川幕府が10代も続き、不平不満の出てきた時代でした。
江戸時代は、公然ともらえる賄賂があり、それは帳面にも記載されています。今日の賄賂とは違い、帳面に載って明らかにされているので、「私」にせず、ばら撒いて使っていたとの事。田沼を始めとする老中たちが、陳情の見返りに金品を受け取っていたのです。でも、どの老中も受け取っていました。ただし、実用性が高いのが田沼意次なのであって、田沼だけが悪徳政治家ではないようです。

田沼意次の父は、八代将軍吉宗に仕えた足軽でした。意次は9代家重に仕えます。その家重が、亡くなる時、10代将軍家治に意次を重用するように遺言します。そこから、彼の政治は動いていくのです。

つまりこの田沼、もともとは側用人でした。側用人とは、将軍の私生活を仕切っていて、秘書のようなもの。家治は平々凡々な将軍でしたが、立て続けに起こる天変地異に、政治をやる気を失ってしまうのです。

では、側用人とは・・・。側用人は、将軍への連絡係や、将軍からの命令伝達などのが仕事だったため、強大な権力を持っていました。つまり、大きな影響力のある、将軍の側近中の側近だったのです。

当時は「奥」の役人と「表」の役人があって、奥が側用人、表は老中でした。そんな表裏があったり、根回しがあったり、日本は変わっていませんね・・・。( ̄_ ̄|||)

田沼は、側用人でありながら、「老中」にもなったので、すごい権力が集中したのです。これは前代未聞のことでした。政策の立案から決定まで、一人で行うようなもので、どこも、誰もチェックできません。

江戸幕府始まって以来、最も強い権力を握った人物なのです。

ここから田沼の時代が始まります。

田沼は、徳川幕府をもう一度立て直したい!!という強い思いから、日光社参という大プロジェクトを立ち上げます。これは、48年ぶりのことで、日光社参は、将軍にとって大変名誉な事でした。

20万両(9兆円)という莫大なお金がかかりますが、これを成功させたい田沼は、水野忠友を勝手掛若年寄(表の役人に)します。

そして、幕府の財政の無駄を省き、事業仕分けをします。そうして、費用を捻出するのです。ああ、民主党さん見習ってください・・・。

このことがきっかけで、老中に昇進します。

さらに事業仕分けを進める田沼。御三卿である田安家を取り潰そうとします。それは、10代目になって、御三卿の存在意義がなくなってきていたからです。この田安家の跡取りが松平定信でした。定信は、吉宗直系の孫、つまりは世が世であれば将軍候補なのです。ちなみに田沼意次は足軽の息子・・・。これが、因縁の対決の始まりでした。

田安家は、家治の意向でお取り潰しは免れたものの、定信は、白河藩松平家の養子となるのです。

また、田沼は更なる改革に臨みます。
当時、金山、銀山、銅山は、出なくなってきていました。また、米を主とする経済が破綻してきていました。旗本も幕府も貧乏だったのです。

事業仕分け・・・。いつの時代も無駄を省かれたほうは恨み、恨まれます。そこで、悲劇が起こるのです。江戸城で、刃傷事件が起こります。起こしたのは佐野善左衛門、殺害されたのは、田沼意次長男・意知享年36歳でした。当時、よく出来る息子、意知は若年寄で、意次は権力を引き継がせようとしていました。善左衛門は切腹となりますが、後継者を失った意次は失意に咽びます。

ここで、田沼は孫の為に、後世に名を残そうとするのです。

まず、蝦夷に調査団を派遣しました。調査した結果、蝦夷では600万石が見込めました。当時の幕府は400万石、これは成功すればとてつもない収益をもたらす巨大事業になるのです。でも、その為にもお金が必要でした。

田沼は、国を大きく変えようとしていました。

が、ここに未曾有の天変地異が襲います。

まず、浅間山の大噴火・天明の大飢饉では200万人の餓死者を出しました。米不足が深刻化し、財政はますます悪化していきます。

幕府は当時300万両の蓄えがありましたが、それを切り崩し・・・。逼迫する一方でした。

そこで、諸藩の、そして幕府の財政改革に臨みます。意次は、江戸時代の年貢制度に限界を感じていました。
幕府の収入は、天領からの徴収のみ、諸大名の領地は、諸大名の忠誠と引き換えに徴収権を与えていました。この年貢制度、飢饉にはめっぽう弱かったのです。

田沼は貸金会所設立令を出します。この貸金会所とは、今の中央銀行のようなもので、貸金会所から各所藩へ貸出しをするというものでした。この時の担保は領地。こうすることによって、幕府の収益の安定性と諸大名の勢力縮小という一石二鳥の構図が出来るのです。

これには、諸藩、幕府内部からも反発が起きます。しかしこれを強引に通すのです。

ここでまた悲劇が!!
天明6年7月、関東一円が大洪水に襲われます。被害は甚大で、210万両の蓄えが90万両にまでなってしまいます。それが引き金となって、田沼の求心力は低下、反対派が襲い掛かります。そのリーダーとなったのは、松平定信。虎視眈々と狙っていたのです。そして、田沼のいない会議で、貸金会所設立令廃止。

天明6年8月、田沼は老中を解任されます。これを申し渡したのは、かつての仲間である水野忠友でした。水野は、田沼に取って代わるチャンスだと思ったのかもしれません。ここには難しいものがあります。幕閣はすべて大名です。お金を返せなかったら土地は没収されるという貸金会所設立令は、許せなかったのでしょう。封建領主の立場から抜け出せなかったのです。

おまけに10代将軍家治が死去。田沼は汚職を横行させ、政治を乱したとされ蟄居を命じられます。

天災に襲われ続けた不運な男は、天明8年死去。その後を松平定信が取って代わりますが、幕府の貯蓄金は65万両にまで減るのです。

田沼は経済に通じ、先見性に富んだ政治家であったといえるでしょう。

彼の政治目的は江戸幕府の存続のみだったのです。新しい税金改革が出来ていたら・・・。政策が成功していたら、明治維新の魁となり、財政に余裕が出来ていたら、海外と戦えたのかも知れません。

勝海舟は言っています。「田沼は早すぎた」と。

彼の死後、江戸ではこんな歌が流行ります。

「白河の清き魚も
  住みかねて
 もとの濁りの
  田沼恋しき」

それから200年がたったのかしら・・・。 
今も昔も事業仕分けか・・・。
ホント、うちの家計も事業仕分けが必要かなあ・・・。<(; ̄ ・ ̄)=3 フゥ...


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 14:39| Comment(0) | THE ナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。